モノグルタミン酸型葉酸とポリグルタミン酸型葉酸の違いは?

葉酸種類

 

 

妊活中または妊娠時にサプリメントで葉酸を摂取することは

 

赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを下げるためにも
重要な意味を持っているといわれていますね。

 

厚生労働省が妊娠時の葉酸摂取を
推奨する理由もここにあるといっていいでしょう。

 

葉酸は緑黄色野菜に多く含まれる水溶性ビタミンの一種です。
レバーとか、胚芽、豆類、酵母等の食品にも含有されています。

 

ただ、水溶性のビタミンですから水に溶けやすかったり
熱に弱いため調理の際に壊れてしまうことがあります。

 

ですので、しっかり野菜を食べているつもりでも
葉酸が不足気味の場合もあるわけですね。

 

特に妊娠時は気を配っておきたいポイントです。

 

細胞を新しく生成する時に葉酸はなくてはならない存在です。
そのため、妊娠初期の赤ちゃんの発育に葉酸は重要な役割を担っているわけですね!

 

大切なことはベースとして食材に含まれる葉酸は
できるだけ壊さないように野菜中心で摂取して

 

欠乏分をサプリメントを使って補給するわけです。

 

厚生労働省では妊活中・妊娠時
1日に400マイクログラムの摂取が推奨されています。

 

そして、葉酸サプリには大きく分けて天然と合成があります。

 

天然とは食事性葉酸、食事と同じ感覚で摂取するわけですが
合成は加工が加えられたサプリメントのことですね。

 

天然葉酸・・ポリグルタミン酸型葉酸
合成葉酸・・モノグルタミン酸型葉酸

 

厚生労働省で推奨されているのは合成葉酸
モノグルタミン酸型葉酸となっています。

 

 

モノグルタミン酸型葉酸推奨

 

 

ベビー葉酸はモノグルタミン酸型葉酸400マイクログラム

 

諸外国の疫学研究に合成葉酸が使われていること
利用率(吸収率)が高いことなどが理由ですが

 

要は天然と比較してしっかり摂取した量を
体内へ取り込める率が高いといえるわけですね。

 

天然葉酸が悪いわけでは決してありませんが

 

葉酸サプリの摂取を検討する場合は
この点も気に留めておかれるとよいでしょう。

 

それと、いくら妊娠時の葉酸サプリが大切だからといって
1日に定められた摂取量以上摂ってはいけません。

 

当然ですが、定められた用法・用量を遵守して
摂取することが赤ちゃんのためにも大切ですね。