妊娠中にはどのくらいの葉酸を摂取すればいいの?摂りすぎてもダメ?

妊娠中にはどのくらいの葉酸を摂取すればいいの?摂りすぎてもダメ?

葉酸摂取の目安

ひとくちに葉酸の摂取量といっても

 

妊活中あるいは妊娠初期・中期・後期と
若干の推奨量の違いもあります。

 

もちろん、普段の食生活の中から
緑黄色野菜などを中心に、葉酸を摂取することも大切

 

しかしどうしても、葉酸は水に流れ出しやすかったり
熱に弱く、調理によって損なわれるケースも多々ありますから

 

妊娠中は特に、サプリでの摂取が推奨されているわけです。

 

あなたのタイミングでの葉酸摂取量目安は

 

妊活中・・推奨量240μグラム/日(栄養補助食品400μg)

 

先天性異常の多くは
妊娠直後から10週以前に発生していて

 

特に中枢神経系に限って調べてみると
7週未満に発生することが多いといわれています。

 

諸外国の対応や、多くの研究発表では

 

葉酸の摂取時期を、妊娠の1ヶ月以上前から
妊娠3ヶ月目までが理想的とされています。

 

ただし、妊娠が判明してからの摂取でも
効果がみられたという報告もあります。

 

できれば、妊活中からの葉酸摂取が理想的と言えますね。

 

また、男性もこの時期パートナーと一緒に葉酸を摂取することで
より良い効果が期待できるかもわかりませんね。

 

妊活初期・・推奨量240μグラム/日(栄養補助食品400μg)
妊活中期・・推奨量480μグラム/日

 

妊娠中の葉酸摂取量の目安は
およそこの程度といわれています。

 

ただし、摂り過ぎにも注意は必要で
水溶性ですので、尿中に混ざって排出されますが

 

1日1rを超えるべきではないとされています。

 

授乳中・・推奨量340μg/日

 

母乳は血液から作られていますね。

 

授乳中は母乳を作る血液も、たくさん必要となりますので
葉酸は授乳中でも必須栄養素だといえるでしょう。

 

葉酸はいつまで飲めばいいの?という質問もあるようですが
授乳中まではしっかり摂取しておきたいですよ。

 

以上が妊活中および妊娠初期・中期後期
授乳中における乳酸摂取量の目安です。

 

できれば、妊活中から摂取しておくことが

 

先天性異常のリスクを下げるためにも
効果的なことは間違いないでしょう。

 

 

 


page top