葉酸サプリが推奨されている理由は

葉酸摂取厚生労働省推奨

 

 

妊活あるいは妊娠中の場合厚生労働省では
1日あたり400μgの葉酸を摂取することが推奨されていますが

 

葉酸が注目されている理由は何でしょうか?

 

欧米を中心とした諸外国の疫学研究では
妊娠中の方が葉酸を摂取することで

 

赤ちゃんの先天性異常のリスクを下げる効果がある

 

このように発表されているからです。

 

どんな先天性異常かといえば神経管閉鎖障害

二分脊椎症

背骨が胎内で発生する途中で背中の中央の脊椎弓のくっつきが
不完全だったため、左右に分裂している病気

無脳症

神経管の上部で閉鎖障害が起こると脳が形成不全となり
身体は赤ちゃんらしく成長しても頭部がほとんど形成されない病気

 

このような異常が挙げられています。

 

日本ではこれまで神経管閉塞障害は
欧米などと比較するとそれほど多くなかったのですが

 

二分脊椎症がこの25年間でおよそ2倍に
(年間で500〜600人程度の発症だといわれています。)

 

この点が日本でも葉酸が
注目されるようになった理由といえるわけですね。

 

二分脊椎症が増加傾向の原因は
現段階では詳しくはわかっていませんが

 

食生活の欧米化や生活習慣の変化など
原因の一端となっているのかもわかりません。

 

 

葉酸サプリおすすめ

 

 

このように赤ちゃんの先天性異常のリスクを下げるためにも

 

妊活中および妊娠中は葉酸の摂取が
厚生労働省から推奨されているわけです。

 

参考までに厚生労働省では
モノグルタミン酸型葉酸の葉酸サプリが推奨されています。

 

生体利用率がよいとか海外での研究結果を鑑みて
こんなで理由モノグルタミン酸型葉酸推奨となっているようですね。